Saanich(サーニッチ市市長訳本を購入)

変わらずに、訳本の販売に絶え間ない努力を続けている。

 

今回は、バンクーバー・アイランドにある州都ビクトリア市の隣にあるSarrnich(サーニッチ)市の市長・Richard Atwell氏が訳本を買って下さった事を書きたい。

 

ことの成り行きはこうである。

 

8月末のある日、Sarrnich市に配達されるThe Goldstream News Gazette紙に、Atwell 市長が広島の平和記念行事に出席するため広島を訪問した記事が掲載された。丁度その地域に住む友人の一人が、すぐにそのニュースを知らせてくれたのである。

 

記事は市長がセレモニーに出席してとても感動し、やはりこうした式典は臨席することで臨場感を味わうことが出来、平和の大切さを一層強く感じたと書かれていた。加えて、市長はかねてより姉妹都市の提携を結ぶ準備をしている広島の二十日市も訪問し、市長を始めとする関係者たちの歓待を受けたことも書かれていた。

 

そこで私はAtwell 市長に以下のようなメールを送った。

 

〜*〜*〜

Dear Mayor Atwell,


My name is Keiko Miyamatsu Saunders. While in Toronto I joined the Nihon Keizai Shimbun (Nikkei) Canadian Bureau. Later I branched into freelance writing, including several books.

I continue to write about Canadian social issues of interest to Japanese language publications in Canada and Japan from Victoria since moving here four years ago.

The Goldstream News Gazette reported on your return from Hiroshima, Japan where you attended the Peace Ceremony. You also visited Hatsukaichi City with whom Saanich is considering a sister-city relationship. I would be very excited and happy if that happens! Prospects for exchange students and business opportunities between the two cities are most attractive.

I was introduced to Councillor Susan Brice by Jan Ross, curator at Emily Carr House in Victoria last May. The Councillor is aware of my recent Japanese translation of Victoria writers Ann-Lee and Gordon Switzer's book on early Japanese Canadian history: "Gateway to Promise".

Japanese immigrants initially came to Victoria about 140 years ago. Many lived on the West Coast of BC. The book recounts these families’ stories until evacuation in April 1942.

The Japanese translation may be especially appropriate for new Japanese associates, providing them an understanding of our Japanese history, and importantly, suggesting our region’s current attitudes toward Japanese contributions.

We are about to commemorate 90 years since Japan and Canada began diplomatic relations. Soon the summer 2020 Olympic games will open in Tokyo. Both events are destined to increase interactions between the two countries.

I would like to meet and briefly introduce you to "Gateway to Promise", especially the Japanese translation "Kibo no Kuni Canada, Yumenikake Umi wo Watatta Imintachi ‐希望の国カナダ…、夢に懸け海を渡った移民たち", which may enhance such interactions.

I appreciate your attention very much.

Sincerely,
Keiko Miyamatsu Saunders

PS: I understand you visited the Canadian Embassy in Tokyo. Your time is precious, so I doubt you visited the embassy’s E. H. Norman Library. I am proud and grateful that my major books were launched at the Library, and that Canada facilitated my talk at Expo 2005 Nagoya. 

 

〜*〜*〜

 

今回こうした公の機関にメールを送る経験を何度かして嬉しく感じたのは、どんな市井の人からのメールでも、然るべき部署に必ず廻され2、3日の内に返事が来ることである。

 

Sarrnich市も例外ではなく、3日ほど経ってから市長の秘書から返事が送られて来た。曰く、「市長がお目に掛かりたいとのことなので以下の日にちの中から都合の良い日を知らせて欲しい」とのことであった。

 

‥‥と言うことで、Atwell 市長との面会がかない、予定を大幅に越す時間を頂き訳本の説明をさせて頂いた。

 

市長室にて

 

もちろんカナダ日系史の訳本にはとても興味を持って下さり、その場で英語の原本も含め即購入を決めて下さったのは嬉しかった。

 

添え木をして大事に育てている銀杏の苗木

 

話があれこれと弾むのはいつものことなのだが、その中で被爆した広島の銀杏から取れた種から育てたという小さな植木がある市庁舎の前庭に、自ら案内して下さった。

 

「信じられないけれど、凄いでしょ!大きくなるのが本当に楽しみ!」と顔をほころばせた。

 

 

両市が正式な姉妹都市が決まる日が待ち遠しい。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

links

profile

書いた記事数:94 最後に更新した日:2018/09/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM