能(金春流)の公演会

トロントからBC州ヴィクトリアに国内移住して一番ミスすることの一つは、日本からの文化的催し物を見る機会が少ないことである。

トロントでは、例えば国際交流基金や日系文化会館などで開催される各種の催し物は、驚く程バラエティーに富んでおり大いに楽しめる。

もちろん日本に行けば見ることが出来るものも多いが、特に国際交流基金は、カナダ人に日本文化を紹介すのが目的のため、コンパクトにまとめた興味深い各種の催し物が常に用意されている。

絵画、陶器、歌舞伎、映画関連の集いなど、それぞれに手際よく作品を展示し、その期間に関係者を招待してのレクチャーなどを頻繁に行なっている。

だがそうした催し物をここヴィクトリアに期待するのは無理なことで、また果たして日本文化に興味あるヴィクトリア人のどれほどが会場に足を運ぶかは疑問である。

当然ながら当地でも、ローカルのカナダ人たちが催すオペラ、バレー、ジャズのコンサートもあるし、演劇も映画も常にやっている。

中にはきらっと光る歌手、演奏家、役者、作品もある。だがトロントで一流のを見慣れた目にはちょっと物足りないと感じることも少なくない。

そんな中、2月27日に日本から金春流の能の一団が来て、「Continuity&Connection(繋ぐ 〜多次元を〜)」と題する公演が行われた。


Noh

演目は、「翁」「高砂」「盤渉楽(ばんしきがく)」「羽衣」、そして「絆」であった。
演目はどれも謡と共に太鼓、笛、鼓が演奏され、物語も日本人としてはよく知っているものだ。

だが最後の「絆」では、「羽衣」の後半にジャズピアニスト木原健太郎(
http://kentarokihara.net/)の演奏する曲が加わり、謡、雅楽器と共に舞う天女の踊りがとても幻想的であった。

初めて見る洋楽器とのコラボレーションは、音楽の世界の可能性を十分に知ることが出来、
見ているものを実に不思議な世界にいざなってくれた。


Noh

見事に舞い終わり、演奏し終わった後の挨拶
Noh

スタンディング・オベーションの拍手を後に
Noh

岡田誠司ヴァンクヴァー総領事(右)も出席して歓談
Noh

1400年の歴史を持つ能楽最古の流派金春流を率いる山井綱雄氏とご夫人
Noh




 


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

書いた記事数:102 最後に更新した日:2019/11/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM