惜しまれながら閉店する「The Original Christmas Village」 クリスマスの小物たちに囲まれたギフトショップ


子供ならいざ知らず、一年中クリスマスなんてちょっと飽きてしまうのではないかと思うのですが、こんなに可愛らしい小物たちに囲まれているのなら、その心配はないようです。
このごろは、オンタリオ州の Niagara-On-the-Lake にも「Just Christmas」などというお店があるように、赤い服に太鼓腹を隠したサンタクロース、白や金銀で縁取られたエンジェル、いつも真顔のナットクラッカーの兵隊さんなど、クリスマスになくてはならない飾りものを専門に売る店が珍しくなくなりました。 



▲ビクトリア市の「The Original Christmas Village」、お店の外観 


▲チャイナタウンの入り口 

ビクトリアの「The Original Christmas Village」は、カナダで一番古いというチャイナタウンのすぐそばの繁華街にあります。
建物の屋根には、足を組み、プレゼントにひじをついてちょっと一休みといった風情で、街を行く人たちを見下ろしているサンタクロースが座っていて、チャイナタウンの門構えと共に町のシンボルになっています。 

ビクトリアの市民は一年中買い物が出来ますし、太陽がいっぱいの夏のシーズンは、特に観光客で大賑わいです。
 


▲店内はご覧のとおり、クリスマスの飾り満載 


▲とにかくクリスマスムードいっぱい。これが店の中とは思えないほどです 

店は、ドイツ人の Falk & Gudrun Reinhold 夫妻が27年前にオープンし、ずっと同じ場所で商売してきたのですが、このユニークな店を閉めることになり、マスコミが大きく取り上げています。理由は、ご主人の Falk さんが去年亡くなり、残された Gudrun 夫人ひとりではビジネスの管理をするのが難しく、リタイアすることに決めたとのこと。 

オーナーがドイツ人ということで、本国から取り寄せた木製の小さな置物があちらこちらにあり、その精巧さが目を引きます。
「ビジネスは誰かが買い取るのですか?」の質問に、「いいえ、そのつもりはありません」と Gudrun さん。 



▲店内には、ちょっと頭をひねって考える必要があるこんな看板も・・・ 

数え切れないほどの小物が並ぶ品々をすべて売るのは「可能なのかしら?」と思ってしまうのですが、このほど始まった大幅な値下げセールもあってお客様で賑わっています。
店内には何やら由緒ありげな古い日本人形やチャイナドールが並ぶ棚もあったり、イースターが終わったばかりのため関連の飾り物も置かれています。 



▲日本人形やチャイナドールも値下げセール 


▲カラフルなイースター関連商品 

このところ、米ドルが強いことを受けて、今年の夏はアメリカからの観光客が激増すると予測されています。また、日本や中国からのお客さまも多いようで、ちゃんと日本や中国などの国旗も飾られています。 


▲各国の国旗が飾られている店内 

春から夏は町が花であふれ、ガーデンシティーの名にふさわしいビクトリア市。お越しの節はぜひ、この店が閉店する前に立ち寄ってみてはいかがですか。 

The Original Christmas Village 
1323 Government Street, Victoria (at Johnson Street)
Tel : 250-380-7522 





 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

書いた記事数:102 最後に更新した日:2019/11/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM