カナダ日系史「Gateway To Promise」翻訳チーム立ち上げ-1-

        カナダの土を踏んだ第一号は誰? 
          〜カナダ日系史に新たな側面?〜


GTP
以下の記事が載ったトロントの日系誌「TORJA」

トロントからBC州の州都ヴィクトリア市に国内移住して、早や一年余り
が過ぎた。
40余年過ごした古巣を立つにはそれなりの決心が必要だった
ものの、新たな場所での新たな出発は新鮮であることに間違いはない。


GTP
夏のヴィクトリア市内は何処も花であふれている

送別のとき耳ダコが出来るほど言われた「トロントほどエキサイティング
な町ではない」との危惧も、角度さえ変えて見れば「人の住む所必ず興味
尽きないニュースあり」を実感する。


その一つは日系カナダ人の歴史である。

トロントにいた時から、仕事絡みや個人的な興味も伴って、関連の勉強会、
講演会、展覧会などには欠かさず出席していた。しかし正直言って、その
史実を身近に感じるという体験はなく、親しくしていた数少ない二世の方
たちから僅かに昔話を聞く程度のことであった。


だが西海岸に来てからは、ひとっ飛びに戦前の日系人たちの過ぎ越し方に
思いを馳せる機会が多くなった。


まず驚いたのは、移り住んだコンドミニアムから3ブロックほどの所に、
Ross Bayと呼ばれるヴィクトリアで一番古い墓地があり、そこに150余人
の日系人のお墓が存在することであった。


その墓地の一角には、御影石の碑が建っており、正面には“日系カナダ人
合同慰霊碑、懸橋」と日本語で、また裏側には「
In Honour and Memory
of Pioneers from Japan」と英語で書かれている。

戦前から今に至る日系人が、勇気を持って苦難を乗り越えカナダ社会で
生き抜いて来たことを称えその証を残すために、99年8月に関係者の尽力に
よってモニュメントの建立を果たしたのである。


GTP
毎年お盆の時期には日系人が集まり弔いをする


れは私にとって日系カナダ人を非常に身近に感じたヴィクトリアでの
「目で見る日系史初体験」であった。


日が経つにつれ更なる歴史を知るに従い、ヴァンクーヴァー・アイランド
(以後
VI)の多くの場所に、戦前の移住者がコミュニティーを作り、家庭
を築き、そして亡くなっていった痕跡を見ることが出来ることにも驚いた。


今夏はその中の6ヶ所ほどの墓地を、本土Stevestonの仏教会からいらした
開教使と共にお盆の前に墓参りをした。


GTP
ヴァンクーヴァー島の中ほどにあるCumberland市の日系人の墓

「当地にはこれ程凝縮した日系人の歴史があるのか!」と関心が尽きなかっ
たが、その前後に
VIに集約しての日系史をまとめたある親日家のカナダ人
夫妻の知己を得た。


今まで日系史と言えば日本人か日系23世が書いたものがほとんどであった。

翻訳広告
日系カナダ人の書いた日系史の一冊

翻訳広告
日本人の書いた日系史もあるがすでに40年(1975年)も前に発行されている
(著者の新保 満氏は2015年春にお亡くなりになりました)


翻訳広告
1977年に日系百年祭を祝った際の日・英・仏で書かれ記念誌

ところがこの白人夫妻は自分たちの足で歩いて調査し、それをまとめた
Gateway to Promise 」(2013年)と「Sakura in stone」(2015年)
と言う本を上梓したことを知ったのだ。


GTP
Ann-Lee/Gordon Switzer 著(2013発表と裏の表紙
翻訳広告
400頁にもなる分厚い著書である


下の本はその中からさわりを100頁ほどにまとめた本である(2015年9月発行)
翻訳広告
表紙の裏と表
翻訳広告



読み進むほどに興味深いのだが、そのさわりとはカナダの日系社会で信じられ
ている「永野万蔵パイオニア説」に果敢に挑み、自分たちの考える「第一号」
を選出すると同時に、今までにはなかった「ヴィクトリアとその周辺の日系人
の歴史」に焦点を当てているのである。


周知の人も多いが、永野万蔵に関しては1977年に日本人移民100年祭を祝った
際に「パイオニア」と決められ、以来、史実として定着し、連邦政府地名委員会
はロッキー山脈のオウェキノ湖(
Owikeno Lake)近くの山をマンゾウ・ナガノ
山(
Mount Manzo Nagano)と定めた。

だが当初からこの説には疑問視する声があった。

理由は、実際に
1877年に彼がカナダに到着したという「確固たる資料」はなく
証拠が不十分な上、人生の後半には日本に戻り出身地の長崎県口之津村で没して
いるからだ。


ヒストリアンの夫妻はこの点に焦点をあて、記録がしっかりと残り、当地で事業
を起こしヴァンクーヴァーで没し、そこに墓地もあるもっと相応しい人物を割り出
したのである。


これが歴史の面白さだと思うが、過去に起こったことはそれを立証する不動の
証拠がない限り、後人がどんな立場から史実を振り返るかによって歴史の解釈は
変わってしまうものだ。


万蔵が第一号と決まってから来年(2017)で40年になり「今更なにを?!」と
思う向きもあるだろうが、私はこの新説に大いに興味をそそられた。


そこでこの新たな説を含め、VIの日系史を書いた「Gateway〜」を日本語読者の
ために翻訳したいと考えたのである。
しかし孤軍奮闘では余りにも時間を要する。

「では・・・」と考えた末、
10余人を集め「翻訳チーム」を立ち上げ、分業で挑
もうと決心したのである。

すでに日本、ヴィクトリア、ヴァンクーヴァー、トロントの各地から12月末までに
予定数を上回る翻訳希望者が名乗りを上げてくれた。

2016年の新春を迎え、さあ、彼らと共に新たなプロジェクトに挑みたいと、元旦
の日の出を眺めながら深い深呼吸をしている。


GTP
2016年元旦の初日の出

今後の進行具合は、このブログに随時載せたいと思う。
温かいご支援を!!!





 


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

書いた記事数:101 最後に更新した日:2019/08/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM