カナダ日系史「Gateway To Promise」翻訳チーム近況-2-

ビクトリアのお正月会

昨日は、ビクトリアにあるVictoriaNikkeiCulturalSociety(VNCS)が中心になり、当地の後2つの日系グループとの協賛で「お正月会」が催された。総勢350人ほどが集まり賑やかな新年会であった。

VNCSs NY Party
申年にちなんで天井からつり下げた猿のハリボテ

カナダでは、お正月と言っても1月1日だけが休日で、日本のように年が改まってもそれにまつわる特別な行事などはない。
せいぜい親しい友人同士が「今年の抱負は?」などと聞きあう程度で、何年ここに住んでも日本人にとっては何か寂しい気がする。

そんな中、日本からの移住者や日系カナダ人、又は日本や日本人に関係のあるカナダ人などが多少なりとも住む地域では、「お正月会」と称してそれなりに祝う所もある。

ビクトリアの場合は、いつも一月末の今頃に一品持ち寄ってのイベントが開催される。

VNCSs NY Party
きれいに並んだ持ち寄りのお料理。これはごく一部で時間が経つごとにどんどん追加されていく

以前住んでいたトロントの「お正月会」に比べれば、まことに小規模ではあるが、皆が力を出し合ってイベントを盛り上げようとする気概は十分に感じられる。

加えて、バンクバーの日本国総領事館からは、毎年決まって総領事が参列され関係者には大きな励みになっている。

VNCSs NY Party
挨拶をされる岡田誠司バンクバー総領事

また手作りのイベントの催し物の中には、「餅つき」や、日本語学校の生徒たちの威勢のいい「ソーラン節」、また当地の盆踊りのグループ、太鼓グループのショウもある。

VNCSs NY Party
岡田バンクバー総領事の餅つき
後方の赤いシャツがVNCSの会長Michael Abe氏


VNCSs NY Party
ついたお餅はキッチンでまとめ数々の餅料理に利用される

VNCSs NY Party
一生懸命踊る日本語学校の生徒によるソーラン節

VNCSs NY Party
盆踊りグループのお披露目

VNCSs NY Party
太鼓グループも賑やかに年の始めの太鼓打ちに精を出す

最後には各方面から寄付された品々のオークションもあり、4時間ほどの『新年会」はお開きになった。

VNCSs NY Party
オークションのために集められた品々

〜*〜*〜

ちなみに、この会の中心的役割をしているVNCSから、今回私が立ち上げた「Gateway To Promise」の翻訳グループ14人に、原本代として$525.00のグラントが下りた。

グラント申請などは私にとって初めての経験であったため、どのようにアプローチすべきか知恵を絞ったが、おかげで予定していた金額をはるかに上回る額が下りたことは喜びに耐えない。

VNCSの会長からからは以下の返事が送られてきた。

Hi Keiko,
 
The VNCS board thanks you for the submission of your grant application and for your initiative to undertake this project. It was very informative and everyone could easily understand the project. There was unanimous support for two motions. One to support you with your request for $525 and also to provide a support letter for your application for an NAJC SEAD grant.
Please note that we also felt that this was a continuation of the Gateway to Promise book which was an extension of the Kakehashi project and helps further the story of the history of the Japanese Canadians in Victoria. With this in mind, your project will be considered outside of the policies of our regular grant program and therefore is not limited to $350 and is not a one-time grant. 

〜後略〜

「考えてばかりいたのでは『山は動かせない』」と、いつもと同じに「資金0」で始めたプロジェクトだが、今回は14人の優秀な翻訳者を抱えての出発。

今後のことを考えると眠れぬ夜も幾夜かあったが、少なくとも原本代だけは確保できたことでホッとし、背中をグイッと押された気がする。

GTP






 


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

書いた記事数:102 最後に更新した日:2019/11/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM